ライフステージが変わってもしなやかに働くために、大切なこと。

週末は、土曜日は家族Day、
日曜日はセミナーアシスタント
(なんと司会を務めさせていただきました!)
と充実した過ごし方をしました。

 

1年前、保活に絶望し、

「お先真っ暗だ・・・」

と思っていた私だったけど、
自分で決めて行動すれば未来は開けるんだなー
と改めて実感。

正直、起業塾に入る前の私の計画では、
5年後に30万稼げるようになるように
頑張ろう!!でしたもん。

人間、本気でやれば達成できちゃうんだなぁ。
(しみじみ。)

 

アシスタントを務めた、
ライフスタイルコーディネーター
松浦ゆかさんのセミナーも、
少し前の私と同じようにこれからの働き方を
真剣に考えるとっても素敵な女性が集まって、
熱気ムンムンでした♡

 

 

 

私にとって、
「働くこと」は「生きること」。

 

仕事をしていない自分なんて、考えられない。
死ぬまで働いていたい!って本気で思ってます。

でも、働く「ために」生きるのではなく、
幸せに生きる「ために」働くのがモットー。

仕事のために、自分や家族を犠牲にするなんて、
私にとってはありえないことなのです。

 

 

育休中、本気の本気でこれからの働き方に悩み、
やりがいのある仕事を諦めるのか
余裕のある子育てを諦めるのか
悶々と自問自答する日々でした。

だけど、自分に向き合い、
自分の価値観がどんどん明確になるにつれ、
自分が本当に求めている未来が分かり、行動が変わり、
どちらも手に入れられた現在に至ります。

 

 

日曜日のセミナーでは、
ありがたいことに何名かからお声がけいただき

「ななゆかさんみたいに、
家族と仕事を楽しんでいる姿に憧れます!」

とお言葉をいただきました。
(嬉しい。。。)

 

私がやったことは、ただ自分の価値観を大事にして、
なりたいライフスタイルを「決めた」だけ。
そこから逆算して、自分の行動を変えただけ。

本当ーーーーに誰でも出来るシンプルなことなのです。

 

私にとって大切なこと(一番大事な価値観)は、
家族との時間と、自分にしかできない
やりがいのある仕事をして人の役に立つこと

それは、会社員のままできるのか?

NO

家族との時間を大事にした働き方って?
派遣?パート?はたまた専業主婦?

会社にコントロールされたくない
人の役に立てる、貢献できる仕事がしたい
子どもに何かあった時に臨機応変に動ける体制がある働き方がいい

自分で仕事をするしかない

起業してしっかり稼げる自分になる(←決意)

 

ね?シンプルでしょ?
でも、このシンプルだけど大切なことを
見落としてしまっている人も、
多くいるんじゃないかな、と思います。

 

「子どもを生んでも働きたい」

 

その想いの背景には、
あなたのどんな価値観がありますか?
どんな優先順位がありますか?

あなたが本当に大事に思っていることが
明確になるだけで、自分の未来を
自分で「決める」ことができます。

 

ライフステージが変わってもしなやかに
キャリアを重ねるためには、
働き方を自分で決めることも、時には大事。

 

あなたが理想のライフスタイルを手に入れるためには
どんな働き方を選びますか?
そのために、今日「決められる」ことはなんでしょう?

ぜひ、自分の心に問いかけてみてくださいね。


♥理想のライフスタイルを叶えるための無料メールレターをお届けします♥

育休中、保活で絶望を味わった私が、大好きな家族との時間を大切にしながら大好きな仕事をできているのは、コーチングが理想を現実に導いてくれたから。

メールレターでは、あなたの理想のライフスタイルを叶えるためのエッセンスをはじめ、ブログには書けない裏話やセミナー・セッションの先着情報、特典などをお届けします。
現状を変えたい、理想の未来を自分で作りたい 、そんなあなたは、ぜひご登録ください♡

お名前

受信する形式

 ♥募集中メニュー♥ 

コミュニケーションスキルを高めたい!コーチングを学びたい!あなたへ
トラストコーチングスクール(TCS)ベーシック&アドバンス講座

詳細・お申込みはコチラ

 

結婚、妊活、育休・・・ライフステージが変わり、働き方に悩んでいるあなたへ
Carrier×Lifeプランニングコーチングセッション

詳細・お申込みはコチラ

この記事を書いた人

NANAMI YUKA

CA、ウェディングプランナーを経て、現在は、女性の強みを活かした起業コーチとして活動。妊活を経て一児の娘の母であり、育休中に女性が生き生きと働ける方法を模索し、起業。

詳しいプロフィール

Related Entry

子供とキャリアの両立はできないのか?

仕事もしたい、子供もほしい。妊活と仕事の両立に悩んだ日々。

「だから子どもがいる人はダメだよね」と思われたくない、反抗心...

決めた!私は「がんばらない」ワーママになるのだ。

「保育園からの呼び出しが嫌だ!」の、本当の理由。

児童館に行きたくない新米ママの、育休中の過ごし方。