残業ありきの働き方じゃ、結局なにも変わらない。

こんばんは、ななゆかです。
ついに東京に戻ってきましたー!
久しぶりに夫との夫婦タイムを
楽しんでいます♪

・・・なんて、夫婦タイムに
全く関係ない話なんですけど(笑)
(いや、少しは関係ある?)

「おぉ?♡」

と思ったことがあったので、
シェアさせてください!

連日連夜、
働き詰めの新都知事・小池百合子さん

正直私、就任前は、あんまり期待してなかったんです。

保育園問題に着手するって言うけど、

そもそもの本質の問題は、
そこじゃないじゃん?

って思っていたので。

でも、
今回日経Dualのインタビュー記事を読んで、
「ひょっとしたら、期待できるの・・・?♡」
と思ったんです。

このインタビューで、小池知事は
「子供を生み育てようと思えない、
普通の状態が続いている
(環境が整っていない)」
ということを仰っているんですが、

問題のフォーカスを保育園だけでなく、
「働き方」
にも当ててお答えになっていました。

高度成長期から変わっていない、
普通ではない日本人の働き方にも、
問題がある、と。

以下、インタビュー記事を抜粋します。
=================
"私は、「子育てをしながら仕事もできる」のが
いいと思うし、本来の姿だと思うのです。
であるならば、仕事の仕方は一体どうなのか、
真剣に見直さなければいけません。

現に、日本人はこんなにも長時間労働を
しているのに、GDPが伸びているわけでもなく、
日本から画期的な新商品が生まれたり、
技術革新が世界を席巻したりしているか
というと、むしろ逆です。

「長時間労働では報われない」ということが
結論として明らかになっているわけです。

単に長く働いているだけの人のほうが、
はしごから落ちるべき人である。
それくらいの意識の転換をすべきときを
迎えていると思います。

つまり、子育てと仕事の両立に関する問題は
「働き方」そのものを変え、
子育てがしやすい環境へ改善していかないと
解決しないと私は考えています。

これは男性も女性も同じ、社会全体が
共有すべき問題です。
ベースの意識を変えないとダメです。”

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9347&page=2
=================
(抜粋ここまで)

この考え方、
とーーーーーーーっても共感!!!

私びっくりしたんですけど、
残業ありきの日本の働き方って
なぜなんでしょう!?

(そして、残業したほうが評価される、
皆がしてるから帰りにくいという風習・・・)

私はこれまで、半分外資、半分日系の
会社で働いてきましたが、
仕事に対するスタンスがまるで違うの!

そりゃ、旦那さん(パパ)が深夜まで
帰ってこなかったら、女性がひとりで
頑張るしかないし、限界迎えるよね、
っていっつも思ってました。

私は
「しあわせな家族を増やす」
ためには、

女性はもちろん男性も、好きな仕事をして、
ワークライフバランスをきちんととれる働き方
が必要だと思っていて。

(そのためにも、まずは女性が
経済的に自立することが第一歩だと
思っているのです。)

もしかしたら今後、そういう新しい働き方
スタンダードになってくるのかな、
そうだといいな、って
ワクワクし始めました♡

私達の「起業」という道もそうですけど、
新しい時代の働き方を、
自分たちで掴み取っていけると
いいですよね。

仕事も、
家族も、
自分も大事に。

そのために、
小さな小さな一歩を、
今日も踏み出すのです!

これからの小池都知事にも、
期待しています^^

ななゆかでした!

Related Entry

「保育園からの呼び出しが嫌だ!」の、本当の理由。

働き方の変革期!?あなたはどんなライフスタイルを送りたいです...

起業がすべてではない。だけど、起業で得られる働き方もある。

決めた!私は「がんばらない」ワーママになるのだ。

ライフステージが変わってもしなやかに働くために、大切なこと。

「だから子どもがいる人はダメだよね」と思われたくない、反抗心...