保育園に入れたのに、私が仕事を辞めた理由。

去年の今頃は、保活に奔走し
入園可能性の低さに愕然としていました。

(娘は2月生まれなので、激戦の1才児クラス@
激戦の世田谷区だったのです。)

 

・認可保育園に20園申請全滅
・二次選考全滅
・認可外2園申請全滅
・認証5園申請1園のみ入園許可!!


1/30
の確率で唯一入れた保育園ですが、
会社と逆方向の場所で、バスで片道30分かけて
通わねばならないという立地。 

オットの送迎も期待できず、
時短勤務もない私の会社では、会社に通いながら
この保育園に通わせることは到底難しかったのです。

  

 

だけど、だけど、
仕事をしてない私なんて私じゃないーー!!

結婚したって子どもを産んだって、
私は私ができることで、人の役に立ちたい! 
それがやりがいであり、喜びであるんだから!!!

 

という芯の部分は揺らぐことはなく、
育休中に着々と準備をしていた「起業」
という道を選択し、今に至ります。

ちなみに、認証保育園は認可保育園の
倍近く保育料がかかるので、正直

「仕事を辞める」

という選択をするかしないか、
めーーーっちゃくちゃ迷いました。

 

起業って、私に全てがかかっているわけで、
収入だって会社員に比べて安定しているわけではないし

「ちゃんと安定して稼げるのかな」
「保育料払えるかな」
「生活費大丈夫かな」

って心配がなかったかというと、
オオアリでした。笑

 

だけど、結局自分の理想とするライフスタイルを
考えた時に、

私は家族の時間を大事にしながら、
自分を犠牲にすることなく、
自分の力を人のために役立てる仕事がしたい

という価値観が揺らぐことはなかったし、

 

同じようにライフステージが変化して、
働き方、生き方に悩んだり迷ったり苦しんでいる
女性の力になりたい

というミッションが、
より強固なものになりました。

(お陰様で、収入も安定しています!)

私がこうやって自分のライフスタイルを選択して、
日々充実して、しあわせを感じられているのは、
間違いなく去年1年間で出逢った
メンターやコーチングのお陰です。

「起業」をするということは、
私にとって単にビジネスを起こすということでは
ありませんでした。

今まで、見ているようで見ていなかった、
知っているようで知らなかった自分と
とことん対峙する1年になりました。

 

自分ととことん、とことん、向き合ったからこそ、
今自分で自分の人生を「選んでいる」という
実感があるし、
どんなに苦しいことがあっても、
「軸」となる価値観が明確になっているから、
揺らぐことはありません。

1年前の今頃、一番苦しかったのは、
1年後の自分の姿が、未来が、全く想像できなかったことでした。

保活に左右される自分のキャリアに対して、
「どうして私だけこんなに大変な思いをしなくちゃいけないの?」
と悶々としていた。

「どうして女性は当たり前に働けないの?」
とイライラしていた。

「とはいえ、自分を犠牲にした働き方はしたくない」
と周りのワーママの友達を見ながら思ってた。

 

結局私の根本は、
娘が保育園に入れるかどうかよりも、
自分がどんな人生を送りたいのか、
「決めていなかった」ことが問題でした。

もしあなたが、1年後の未来が見えないと
憂いているのであれば、

どんな未来を送りたいのか、
自分と向き合ってみてください。

そうして、「決める」んです。
決めることで、人生は動き始めるから。

 

 

女性がもっともっと女性らしさを大事にして、
結婚しても妊娠しても出産しても、
自分らしく働く環境になればいい。

そして、自分でもそういう自分を作ればいい。

未来はあなたの手の中です。
あなたは、どんな未来を手に入れたいですか?

 


♥理想のライフスタイルを叶えるための無料メールレターをお届けします♥

育休中、保活で絶望を味わった私が、大好きな家族との時間を大切にしながら大好きな仕事をできているのは、コーチングが理想を現実に導いてくれたから。

メールレターでは、あなたの理想のライフスタイルを叶えるためのエッセンスをはじめ、ブログには書けない裏話やセミナー・セッションの先着情報、特典などをお届けします。
現状を変えたい、理想の未来を自分で作りたい 、そんなあなたは、ぜひご登録ください♡

お名前

受信する形式

 ♥募集中メニュー♥ 

コミュニケーションスキルを高めたい!コーチングを学びたい!あなたへ
トラストコーチングスクール(TCS)ベーシック&アドバンス講座

詳細・お申込みはコチラ

 

結婚、妊活、育休・・・ライフステージが変わり、働き方に悩んでいるあなたへ
Carrier×Lifeプランニングコーチングセッション

詳細・お申込みはコチラ

この記事を書いた人

NANAMI YUKA

CA、ウェディングプランナーを経て、現在は、女性の強みを活かした起業コーチとして活動。妊活を経て一児の娘の母であり、育休中に女性が生き生きと働ける方法を模索し、起業。

詳しいプロフィール

 

 

Related Entry

働き方の変革期!?あなたはどんなライフスタイルを送りたいです...

ライフステージが変わってもしなやかに働くために、大切なこと。

起業がすべてではない。だけど、起業で得られる働き方もある。

残業ありきの働き方じゃ、結局なにも変わらない。

「働き方改革」をするには、自分の軸を見つけるのが大事!

児童館に行きたくない新米ママの、育休中の過ごし方。