働き方の変革期!?あなたはどんなライフスタイルを送りたいですか?

こんばんは。
Myスタイルキャリアコーチのななゆかです。

 

今日はアポもなく、
オットと娘と、ゆっくり過ごせました♡

久しぶりに、思いっきり掃除もできてスッキリ♡♡
(掃除好きなんです(笑))

しかも、晩御飯は、
娘が生まれて初めての外食!
焼肉を食べてきました〜!!

これでもか!ってくらい、お肉食べられて
しあわせ〜〜(肉食女子・・・笑))

帰りに、オットが本がほしいと言うので、
本屋さんに寄ったんですけどね、
今出ている経済系の雑誌が、
軒並み「働き方」の特集をしていて
ちょっとビックリ!
(日経Presidentとか。)

先週号のan anもそうだったし、
今年って本当に「働き方」の変革期
なってきてるんだなぁ、って
肌で感じちゃった。

 

法律も変わりつつあって、
社会情勢も変わりつつあり、
これまでの「当たり前の働き方」が
通用しなくなるこれからの時代。

あなたはどんなライフスタイルを送り、
どんな働き方がしたいですか?

「正社員が安定」
とか、
「定年まで勤め上げる」
とか、
私たちの親世代の価値観は、もはや通用しない。

色んな変革が起こる中で、
まずは【自分がどうしたいのか】
きちんと知っておかないと、
その渦に飲まれてしまう。

 

5年後、10年後、
あなたはどんな人生を歩んでいたいのか?

その未来の姿を、描けていますか?

 

働き方の大改革が起こっている今だからこそ、
<どんな人生を送りたい>
から
<どんな働き方をしたいのか>
自分の指針を持つことが大事。

その指針がないと、今の自分の現在地も、
向かっている先もわからなくて、
なんだかもやもやしたり、苦しくなったり
するんです。

特に女性は、結婚や出産など、
ライフステージの変化とともに、
働き方を見直す時が、必ず来ます。

"自分の理想のライフスタイルは、どんな毎日なのか。"

そこが自分で明確になっていないと、
どんな働き方を選べばいいのか、
分からなくなるんじゃないかな。

 

 

私はやっぱり、
<家族も自分も仕事も大事にした働き方>
がしたいから、
自分で全てがコントロールできる働き方がしたい。

大きな会社相手に、大きなビジネスをするより、
<目の前のお客様に120%注力して、
HAPPYになってもらえる仕事>
がしたいから、
自分で全て責任を負える仕事がしたい。

 

5年後、どんな働き方だったら私はしあわせだろう?
10年後、どんな状況だったら私はしあわせだろう?

迷った時、私はいつも、そんなことを考えます。

未来は、自分が描く通りに。
どんな働き方が自分にとって最良なのか、
自分で答えを持っていると、迷いなく進めますよ♡

ライフステージの変化こそ、
自分の人生を見直す絶好の機会!
悶々としたら、自分の心の声に耳を傾けてみてくださいね。

ななゆかでした^^


理想のライフスタイルを叶えるための無料メールレター♥

このメールレターは、ライフステージが変わっても、美しくしっかり稼ぐ♡をコンセプトに、

  • 「わたしらしく」ちいさく起業する方法
  • 効果を出すWebマーケティング、SNS、ブランディングのあれこれ
  • 理想の未来、理想の自分のつくり方
  • 行動できるようになるマインドのつくり方

をお伝えする”コーチングレター”です♡

ガムシャラじゃなく、一時的じゃなく、大切なものを大切にしながら、安定してしっかり稼ぐ。

そんな起業スタイルを理想とする女性へ、ヒントになるメルマガをお届けしていきます。

お名前

受信する形式

 ♥募集中メニュー♥ 

コミュニケーションスキルを高めたい!コーチングを学びたい!あなたへ
トラストコーチングスクール(TCS)ベーシック&アドバンス講座

詳細・お申込みはコチラ

効率的に自分を活かして起業したいあなたへ
パーソナライズド起業相談会

詳細・お申込みはコチラ

結婚、妊活、育休・・・ライフステージが変わり、働き方に悩んでいるあなたへ
Carrier×Lifeプランニングコーチングセッション

詳細・お申込みはコチラ

この記事を書いた人

NANAMI YUKA

CA、ウェディングプランナーを経て、現在は、女性の強みを活かした起業コーチとして活動。妊活を経て一児の娘の母であり、育休中に女性が生き生きと働ける方法を模索し、起業。

詳しいプロフィール

Related Entry

子供とキャリアの両立はできないのか?

私が起業を決意したキッカケ。ママだけががんばるなんて、おかし...

「だから子どもがいる人はダメだよね」と思われたくない、反抗心...

残業ありきの働き方じゃ、結局なにも変わらない。

保育園に入れたのに、私が仕事を辞めた理由。

児童館に行きたくない新米ママの、育休中の過ごし方。