その恐怖は、分かるだなんて到底言えないけど

こんばんは、ななゆかです^^
今日はちょっと余談ですが、
ずっとずっと気になっていたことを
書かせてください。

先日の会見から、
ずーっと気になって、
回復を祈っていた、
小林麻央さんの病状。
小さなお子様がいるのに、
大きな病気になって、
入院することになって・・・
今、同じように小さな子どもを抱える私は
麻央さんの状況を想像するだけで、
耐え難い想いに駆られます。
その苦しみが分かる、
だなんて、到底言えないけど、
実は私も、
産後すぐ、乳がんが疑われました。
我が家はがん家系で、
母も、従姉妹も、乳がんになっているので、
とにかく乳がん検診だけは
若い時から行っていました。
でも、妊娠中の去年だけ、
いかなかったんです。
娘を出産して、
授乳トラブルがあり、出産した病院の
母乳外来を受診した、4月。
「このシコリ、いつからある?」
と言われた時の、
血の気が引く思いは、今でも忘れられません。
産後、これまでの体調と違うことが多々あり、
でも自分のことになんかかまってられなくて、
検診なんてまったく考えてなかった。
というか、
そもそも妊娠中や授乳中に、
乳がんになるなんて思いもしなかった。
病院からの帰り道、
娘を抱きしめながら、泣きそうになるのを
必死に堪えていたのを、今でも覚えています。
早急に乳腺外来の予約をとって、
細かく診察していただいて、
今回はとりあえず大丈夫でしょう、
と言われた時、
本当に本当に良かったって、
心の底から安堵した。
こんな小さな娘をおいていけないって
思ってたから。
だから、
真央さんの報道があった時、
その時の記憶が蘇ってきて、
海老蔵さんの会見を見てるだけで、
涙が出てきた。
小さな子供おいて入院する申し訳無さ、
病気と闘う恐怖、
分かるだなんて到底言えないけど、
想像すると辛くて辛くてたまらなかった。
今回、
真央さんがブログを始めて、
誰かのためにと発信をして下さって、
その強さに、
その優しさに、
その美しさに、
心を撃たれています。

どうか、
1日でも早く彼女の病気が治りますように。
彼女の家族に
心からの笑顔が戻りますように。
何の力にもなれないけど、
とにかく、
とにかく、
祈っています。
女性の皆さん、
とにかく、自分で自分を守れるように、
乳がん検診いきましょうね。
とくに、
妊娠中も、授乳中も、
忘れずにね。

Related Entry

リッツ・カールトン京都で感じる、プロのマインド。

自分が母になって気付く、母の偉大さ。

いつもがんばってるママ。セルフメンテ、してますか?

ご縁の深い神社。日枝神社へ初詣。

NO IMAGE

今日はセルフメンテナンス♡

「オデッセイ」から学ぶ、逃げない心があなたを救う!