親子参観から学ぶ♡小さい子供を保育園に預ける葛藤と、その解決策とは。

働くお母さんなら、特に育休明けの
新米ママなら、誰しも一度は
思ったことがあるのではないでしょうか。

「こんなに小さいうちから、
子どもを保育園に預けて

いいのだろうか・・・。」

 

私は仕事がだーいすき♡だし、
仕事をしていない自分なんて考えられない。

でも、もちろん娘のことも大大大ーーすき♡で、
宝物のような存在。

 

だから、彼女にはいつもHappyでいてほしいし、
笑っていてほしい。

 

仕事をするということは、私の人生の中で
とても意義があることなんだけど、
そのためにまだ1歳になったばかりのムスメを
週5日、8時間、保育園にあずけることは、
果たしていいことなのか?

何度も何度も、悩みました。

結局、セルフコーチングをして、
私にとって大切なことは、
まず私自身がHappyなコンディションでいること。
そのためには、やっぱり仕事をすることが大事、
という結論に行き着き、今ではもちろん
罪悪感なく保育園に預けているのですが、
葛藤が0かというと、そんな日ばかりではなく。

例えば、見ず知らずの誰かの言葉に
傷ついたり、悩んだり、葛藤したり
不安になったりすることも
往々にしてあるのです。

 

で。
今日、ムスメの保育園の親子参加
はじめて行ってきたんです。

 

保育園でどんな風に過ごしているのか、
はじめて見ることができたんですけどね。

ムスメは母が思うよりもずっとずっと
今を楽しんでいて、日々が新しい刺激に
満ち溢れていて、彼女にとって
すごく幸せな時間を過ごしているんだろうな、
って目の当たりにできて。

 

あー、「保育園に預けていいのかな」って
微塵でも思うことは、私のエゴだったんだな、
ってしみじみ思って。

不安も、心配も、葛藤も、
ぜーんぶ吹っ飛ぶ時間になりました。

 

だってね、まだ入って2ヶ月だけど、
ちゃんとお片付けしたり、「はい!」って
お返事したり、楽しそうに歌歌ったり、
ダンスしたり・・・・

私と二人で家にいるだけでは味わえない
(私が提供できない)時間を、
堪能できているんです。

楽しくないわけ、ないわなwって(笑)

 

コーチングの中で、<不安の対処法>を
お伝えしているのですが、やはり
【勝手に不安に思うこと】こそ、
自分の目で、耳で、確かめることが
何よりも大切だな、ということを
改めて自分自身でも感じました。

もしあなたが今何か不安なことがあるのであれば、
ぜひそれを自分の体で確かめてみてください。

 

保育園にあずけることが不安なのであれば、
実際に保育園の見学に行き、
預けられている子どもを見たり、
親に話を聞いてみたりするとか。

起業したいけど一歩踏み出せない、
というのであれば、実際に起業している人に会い、
自分自身に落とし込んで見る、とか。

 

勝手に頭のなかで

「◯◯かもしれない」

と想像する不安ほど、やっかいで解決できない
ものはありません。
(得てしてそういう場合、ほとんどが
とりこし苦労や勝手な思い込みなのです。)

 

<不安は動いて解消する>

とってもシンプルな方法だけど、
有効な方法です。

 

あ、もしあなたが、なんだかわからない
【漠然とした不安】を抱えている場合は、
特にセルフコーチングで自分の心と
向き合うことがオススメです。

TCSのベーシック講座では、特にそういった
<不安との向き合い方>にフォーカスした
内容もお伝えしています。

現状から一歩踏み出したい、
不安や葛藤を解消したい、
そんなあなたは、ぜひ受講してみてくださいね!


♥理想のライフスタイルを叶えるための無料メールレターをお届けします♥

育休中、保活で絶望を味わった私が、大好きな家族との時間を大切にしながら大好きな仕事をできているのは、コーチングが理想を現実に導いてくれたから。

メールレターでは、あなたの理想のライフスタイルを叶えるためのエッセンスをはじめ、ブログには書けない裏話やセミナー・セッションの先着情報、特典などをお届けします。
現状を変えたい、理想の未来を自分で作りたい 、そんなあなたは、ぜひご登録ください♡

お名前

受信する形式

 ♥募集中メニュー♥ 

コミュニケーションスキルを高めたい!コーチングを学びたい!あなたへ
トラストコーチングスクール(TCS)ベーシック&アドバンス講座

詳細・お申込みはコチラ

 

結婚、妊活、育休・・・ライフステージが変わり、働き方に悩んでいるあなたへ
Carrier×Lifeプランニングコーチングセッション

詳細・お申込みはコチラ

この記事を書いた人

NANAMI YUKA

CA、ウェディングプランナーを経て、現在は、女性の強みを活かした起業コーチとして活動。妊活を経て一児の娘の母であり、育休中に女性が生き生きと働ける方法を模索し、起業。

詳しいプロフィール

Related Entry

実は、保育園にあずけることに、罪悪感を感じていた。

NO IMAGE

今日はママの顔!

「こうあるべき!」と思っているのは自分だけ。「苦手」を手放す...

正解がないのに正解を当てはめようとするのは、ナンセンスだと思...

娘が救急車で運ばれた1週間の話。

NO IMAGE

我が家の最近