Profile

 
那波 佑香(Yuka Nanami)
美人思考コーチ/トラストコーチングスクール認定コーチ/マザーズコーチング認定ティーチャー
福岡県生まれ。立命館大学を卒業後、シンガポール・大阪などで働き、結婚を機に東京へ移住。
2年間の妊活を経験し、2016年に女の子を出産。

 

外資系エアライン客室乗務員を経て、大手ブライダル会社、ザ・リッツ・カ ールトン大阪などの会社で、約7年間ウエディングプランナーを経験。

ザ・リッツ・カ ールトン大阪では、500万円以上の婚礼を多々担当し、営業成績、売上、顧客満足度No.1を獲得。入社1年目にして、最優秀社員に選ばれ、その後も年間1億円以上の売上を達成。

2,000名以上のお客様の心の声を引き出し、形のない「結婚式」を創り上げる中で、コミュニケーションの重要性を体感し、学びを深めるとともに、専門学校の講師時代にコーチングに出会う。

現在は、「ライフステージの変化に左右されず、家族も自分も大事にしながら働きたい」女性のために、「コーチング×価値観」メソッドで理想のライフスタイルを叶えるサポートを行う。また、コーチングの基礎知識をお教えする「トラストコーチングスクール認定コーチ」、「マザーズコーチング認定ティーチャー」として活動中。

My Mission
ライフステージが変わっても、自分らしく生きたい女性をサポートしたい

妻になっても、母になっても、
自分のやりがいのある仕事をして、
子供との時間もしっかり持てる。
そんな毎日を送りたい。

そんな想いで、私は「起業」という道を選びました。子供がほしいと願う時、悲しいくらい子供から必要とされる時。きっと長い人生の中では、あっという間な時間だと思います。その時間くらい、子供と、家族と、自分を大切にした仕事の仕方をしてもいいんじゃないか。私はそんな風に思うのです。

そんな風に選択できたのも、とことん自分と向き合った結果。「理想の未来はどんなものなのか」。「人生は思い通りにならないもの」と思っていた日々から一変、コーチングと出会い、自分自身の地図を描いた日から、私の人生は大きく変わりました。

My Story
妊活・保活と仕事と私。

いつでも母になれる。
いつでも母で在れる。
そんな働き方を模索していた。

31才で結婚した私。すぐに子供が欲しかったのですが、思ったように子宝に恵まれず、約2年間妊活をしていました。そんな中で一番の悩みだったのが、「仕事」と「妊活」の両立。

子供を産んでも仕事をしたかった私は、「産休・育休」がとりたくて、必死に仕事をしていましたが、仕事の拘束時間や内容がストレスになっていたことも感じていました。

「子供がほしい」
「出産後も仕事したい」

ふたつの願望に、心が揺れて、揺れて、仕事をやめるべきなのか、続けるべきなのか、毎日、毎日、悩み、苦しんでいました。その後、本格的に不妊治療をしようと話し、妊活を一旦中断したタイミングで、幸いにも娘を妊娠、出産。

とってもとっても嬉しくて、はじめての育児は楽しくて愛しくて。その一方、自分が当事者になってはじめて、保育園に入れない可能性がいかに高いか、身を持って経験し、唖然としました。

また、幼い子供を抱えながら、会社勤めすることが、どんなにハードなことなのか。気付けばガソリンが切れたように、1日が終わっていく・・・間近にいる、息切れしているワーママの友達を見て、

「ママだけがそんなに自分を犠牲にして、頑張らないといけないの?」

という疑問がふつふつと湧き上がったのです。

自分自身の1年後の未来が見えず、育休中は真っ暗なトンネルを歩いている気分
働きたい。でも、働けたとしても明るい未来が想像できない。そもそも働けるかどうかわからない。

でもある時、「自分以外のものに人生を決められるのは嫌だ!」と強く思ったのです。

私は、私の人生を、責任をもって生きたい。
私が私の人生を楽しむことで、娘にも「人生は素晴らしいもの」「仕事は楽しいもの」と伝えていきたい。夫とも、より深い絆で繋がりたい。そう思い、起業することを決意したのです。

 

Why Coaching?
なぜコーチとなったのか

未来は自分の手で変えられる。
理想のライフスタイルは、叶えられる。
自分自身のそんな経験が、
同じように悩む女性の力になれると
信じているから。

これからの働き方に悩み、「起業」の勉強を始めると同時に、独学で学んでいたコーチングを体系的に学び直しました。自分自身にコーチングを深く深く落とし込んでいく。すると、自分でも驚くくらいに、私の生活に変化が起きました。

これまでの私は、完璧主義で真面目な超優等生。(長女なのが、輪をかけていました・・・)「こうじゃないといけない」「こうならないといけない」と、常に上を目指し、必死に努力してきました。

”もっとできるはず”
”もっとやれるはず”

見えない何かを追い求めていた私は、いつも何か満たされなかった。

だけど、コーチングに出会い、自分の本当の価値観に気付き、どんな毎日だとしあわせなのか、自分の人生の優先順位が明確になりました。その軸にのっとって生活することで、迷ったり不安になることがなくなりました。

考え方を変えることで、感情がコントロールできるようになり、感情に振り回されたり自己嫌悪することがなくなり、結果、しあわせを感じることが増えました。

なりたい自分、在りたい自分がクリアになり、そんな理想の自分に一歩ずつ近づいていると感じています。

コーチングって、すごい・・・!

自分で勝手に作り上げた箱の中で苦しんでいた私が、コーチングで箱に囚われていた自分に気づき、そんな自分を解き放つことで、「どうすれば私はしあわせなのか」、自分で人生を選択できるようになったのです。

私のコーチとしての原点は、自分自身のこんな体験にあります。