Happyに生きるなら、白黒じゃなくて◯◯の世界へ。

「こうするのが正しい」
「そんな考え、間違えている」

 

コーチングに出逢うまでの三十うん年間、
私の思考を占めていた考え方です。

 

例えば、

「仕事は1つをずっと続けるのが正しい」

とか。

「専業主婦になって、夫に依存するのはおかしい」

とか。

「できないのは、努力が足りないからだ」

とか。

それまでの私の世界は
白と黒しかなくて、
善と悪しかなくて。

もちろん私の考え方が善。
私と違えば、悪。
(めちゃくちゃ極端に言えば、ですよ。)

そんな傲慢でプライドが高くて、
人をジャッジするような考え方に、
長い間とらわれていました。

そして、とらわれていることにすら、
気付いていませんでした。

 

下手したら、マウンティング女子の
ひとりだったんじゃないだろうか。

(当時はそんな言葉はなかったけど。)

 

そんな世界に住んでいた私が
Happyだったかというと、
もちろんそんなわけはありません。

常に人と対比しているから、
しんどい。

「こうでなければならない」と
勝手に枠を決めているから、
(例:女でも経済的に自立しなければならない)
それに合わない物が出てきた時に
苦しさを感じる。
(例:専業主婦になるの〜♡という友達に
もやもやする。。。)

 

「え、なんでそんな考え方になるの!?」
「え、意味分かんないんだけど!」

って思うことなんて、しょっちゅう。
(向こうからしたら、こっちに
「意味分かんないんだけど」って話です。)

だからなんていうか、
自分で自分を苦しめる生き方を
していたんだな、
コーチングを修得して気付いたわけなのです。

顕著だったのが、妊活のときだなー。

「結婚したら子どもを産まなければならない」
「子どもはなるべく若いうちに産まなければならない」

っていう呪縛にかかっていて、
めちゃくちゃ苦しい2年間だった。

 

でもね、コーチングを修得して、
私は自分が世界を見る時、
自分のメガネでしか見えていなかったことに
気付いて、衝撃を受けたんです。

 

自分にとって正しい世界は、
自分以外の人にとっては
正しいわけではない。

 

そして、これは誰しもが同じように、

「自分だけの経験や価値観から創られたメガネ」

というフィルターを通して、
世界を見ている可能性があるのです。

 

 

世界は白か黒かだけではない。

白が正しい人も、黒が正しい人もいる。
もしかしたら、どちらも正しいのかもしれない。

そんな、「グレー」という選択肢を
はじめて知り、恐る恐る手にしてみて、
こんな平和な世界があったのかと、
頭をぶん殴られた気持ちになったのです。

「子どもは産んでも産まなくても、どっちも正しい。」
「仕事をしてもしなくても、どっちも正しい。」

「ねばねば」を手放した瞬間、
私は心の穏やかさを手に入れました。
人に優しくなれました。
なにより、自分を大事にできるようになりました。

 

もしあなたが今、何かしら
生き辛さや、息苦しさを感じていたら、
自分の考え方を見つめてみると
いいかもしれません。

決めつけや思い込みで、
世界を見ていないだろうか。

勝手に正しいと決めていることは、
ないだろうか。

 

自分が世界を見るメガネを変えるだけで、
人生は彩り豊かになる。
私は、そう実感しています。

 

(とはいえ、中々自分の「思考」に気付くのは
難しいので、そのためにコーチがいるわけ
なのですが^^;)

 

グレーだけど、彩り豊か。
そんな人生を歩みたいなー。

皆さまも、
素敵な1日をお過ごしくださいませ♡


♥理想のライフスタイルを叶えるための無料メールレターをお届けします♥

育休中、保活で絶望を味わった私が、大好きな家族との時間を大切にしながら大好きな仕事をできているのは、コーチングが理想を現実に導いてくれたから。

メールレターでは、あなたの理想のライフスタイルを叶えるためのエッセンスをはじめ、ブログには書けない裏話やセミナー・セッションの先着情報、特典などをお届けします。
現状を変えたい、理想の未来を自分で作りたい 、そんなあなたは、ぜひご登録ください♡

お名前

受信する形式

 ♥募集中メニュー♥ 

コミュニケーションスキルを高めたい!コーチングを学びたい!あなたへ
トラストコーチングスクール(TCS)ベーシック&アドバンス講座

詳細・お申込みはコチラ

 

結婚、妊活、育休・・・ライフステージが変わり、働き方に悩んでいるあなたへ
Carrier×Lifeプランニングコーチングセッション

詳細・お申込みはコチラ

この記事を書いた人

NANAMI YUKA

CA、ウェディングプランナーを経て、現在は、女性の強みを活かした起業コーチとして活動。妊活を経て一児の娘の母であり、育休中に女性が生き生きと働ける方法を模索し、起業。

詳しいプロフィール

Related Entry

コーチングって、何するの?

負けず嫌いで完璧主義。生きづらかった私の心が、ラクになった理...

自分では気付かない自分に、出逢う方法。

私のコーチとしての原点。彼女たちを、もっともっと成長させたか...

ワークスタイルを選ぶ前に、価値観を把握しよう♡

「オットに迷惑をかける」は、事実か?はたまた・・・