「スキでゼロから起業」って、どういうこと?

ライフステージの変化に負けない働き方!
Myスタイルキャリアコーチのななゆかです。

 

最近私、やってることが増えてきて、
「ななゆかさん、何やってる人なんですか?」
って聞かれることも増えまして(笑)

私はですね、
TCSの認定コーチとしてコーチングをお教えしながら、
『スキでゼロから起業』
したい女性の、起業サポートをしています。

 

起業って、やっぱりなんだか、
「やろう!」って決めるまでが
不安が多いですよね。

難しそう、とも思うし。

 

私は一歩踏み出すまで、

「失敗したらどうしよう」

とか、

「私に出来るかどうか不安」

って思って、なかなか一歩が踏み出せなかったんです。

 

 

でね、実際起業してみて思うのは、
やっぱり最初って、
【起業の全体像】
みたいなのが分からないから、
不安だし一歩踏み出せなかったんですよね。

 

なんか、たくさんの素敵な女性起業家さんが、
自分の好きなことで起業している(らしい)
けど、果たしてどうやってやったの?

本のとおりにやろうと思っても、
なんか全然イメージできないんですけどー!!

みたいな(笑)

 

起業には色んなやり方があるけど、
私は比較的新しいことに「えいっ!」って
飛び込むより、用意周到にいろいろ調べて、
石橋を叩きまくって渡るタイプで(笑)

そんな私が考える起業の全体像は、

  1. 自分を知って、お客様を知って、提供できる価値を見つける
  2. マーケットを調べて、差別化していく(ポジショニング)
  3. お客様に喜ばれる商品をつくる(商品設計)
  4. 喜んでくださるお客様に商品を届ける(集客&セールス)
  5. ◯◯=△△さん!と言われるように、自分の価値を伝えていく(ブランディング)

 

ざっくりいうと、こんな流れです。
もちろん、人によって順番が
入れ替わったりしますけどね^^

 

 

 

その中でも、
「"スキ"でゼロから起業」っていうのは、

自分の経験やスキルを活かして、
なるべくリスクを少なく、
自分ができることから
ビジネスをスタートさせる

こと。
リスクっていうのは、資金的なこともそうだし、
スキル的なことも含まれると思います。

 

で、私は特に<スキ>にフォーカス
してるんだけど、これってつまり、
自分の価値観を大事にした起業
ってことなんですが。

ひとってね、生きている上で必ず
<価値観>
を持っているんですよ。
意識してても、無意識でも。

で、その<価値観>にそぐわない生き方を
すると、ものすごく生きづらいし、
楽しくないんですよね。

 

例えば、私なんかは、
「家族も自分も犠牲にしない」っていう
価値観を持っているので、
ただガムシャラに、プライベートを犠牲にして
ガツガツ稼ぐっていうのは、
全然ハッピーじゃない。

例え月に1,000万円稼げても、
家族との時間がなかったら、
ぜーんぜんしあわせじゃないんです。

だから、この「価値観」や「スキ」を
無視した起業スタイルを確立すると、
「はじめる」ことはできても、
「続ける」ことが難しいんです。

 

だから、まずやるべきことは、
自分が人生において大切にしたいことは何か、
という自分の【価値観】を明確にすること。

つまり、自分の深掘りをしていくこと。

 

自分のこれまでの経験、
どんなことがあって、何を感じてきたのか、
大きな判断をする時に、何を大切だと思い、
何に価値を感じてきたのか。

これを、とことん極めて行くんです。

 

私は、ノート1冊を、
まるまる自分の深掘りに使いました!

 

 

 

 

ということでまとめますと、
ゼロから起業はリスクを最小限に抑えた、
自分を活かした起業スタイルだと
私は思っています!

(なので、女性でもスタートしやすい♡)

 

更にリスクを抑えるには、
最初は副業で始めるとか、
まずはブログなど発信からスタートしてみるとか、
そんな一歩を踏み出してみるのが
いいんじゃないかなー。

 

あ、Teaセッションでは、
こんなお話をざっくばらんに
お伝えしておりますので、

「起業してみたいけど、どうしたら良いかわからない」

という方は、ぜひご参加ください!

(満席になりましたが、2席のみ増席しました♡)

 

ななゆかでした^^

 

Related Entry

結果を早く出す、シンプルな秘訣。苦手なことを手放すこと。

NO IMAGE

「こんな趣味なんの強みにもならない」と思ってませんか?

知らなかった!「ひらめく」って、技術だったのか!

起業と結婚式に共通している、プロのチカラ。

私のスキルはこれだ♡自分のスキルを再発見する方法。

「好き」で起業って言うけど、そもそも自分の好きがわからない時...