【格言】人間において、在り方は見方に直結する。

 

『パラダイムと人格を
切り離すことはできない。

人間においては、
在り方は見方に直結する。』

 

 

 

おはようございます、ななゆかです。

今日は、「7つの習慣」の著者、
スティーブン・R ・コヴィー博士の言葉をご紹介しますね。

 

パラダイムとは、
「物事の見方や認識の仕方」のこと。

同じ出来事でも、人によって捉え方が
全然違いますよね。

 

私が長年ホスピタリティ業界で働いてきて、
一番大切にしてきたのは、

<相手の視点に立つ>

つまり、

<相手の物事の見方を理解する>

ということでした。

 

一見不機嫌そうなお客様がいらっしゃっても、

本当に不機嫌なのか?
お疲れなだけなのか?
もしかして、なにか悲しい出来事があったのではないか?

など、

自分の視点だけで判断せず、
相手の立場に立って物事を見れるよう
努力してきました。

 

この「パラダイム」
つまり「物事の見方や認識の仕方」は、
その人の人格や在り方から成っている、

という考え方、

これってきっと、
人格を磨けば、新たなパラダイムを知り、
新しい物の見方や認識の仕方が分かり、
知らなかった世界が広がる、
ってことなのかな^^

 

新しい世界を知るために、新しい自分になる。
そうやって、どんどん成長していきたいな。

ななゆかでした^^

Related Entry

NO IMAGE

大切なことは少女マンガから教わった

NO IMAGE

これが私の生きる道。

NO IMAGE

月曜日の朝は、ココ・シャネルから学ぶ♡