もし保育園に入れていたら、起業していましたか?

ライフステージの変化に負けない働き方!
Myスタイルキャリアコーチのななゆかです。

 

保育園落選通知をもらって、早10日。
4月からの働き方を考えて、
家族会議中の我が家です。

 

思い返せば去年の4月から保活を始め、
段々と「あれ・・・保育園ヤバそう」と
思い始めたのをキッカケに、
具体的に起業の勉強をはじめましたが、

「もし保育園に入れてたら?」

って、今日ふと思ったんです。

 

保育園に入れてたら、
今の会社、辞めないのかな、って。

私、今の会社大好きなんですよ。
上司もみんないい人で、仕事ができて、
尊敬できる人ばかり。

転職回数が多いから、
人間関係が恵まれている職場が
どれほど貴重かよく分かる。

仕事の内容も、これまで自分がやってきたことを
活かせていると思う。

 

今日、ずーっと自分に問いかけて、
出てきた答えは、だけどやっぱり

「NO」

でした。

 

子供の保育園問題がクリアになったとしても、
私はやっぱり、自分で仕事をする道を
選んでいたと思います。

私にとって仕事は、自分自身を創り上げるのに
とっても大切な存在。

だからこそ、私にしかできない仕事をしたい。

心の底からワクワクするような、
やっててよかったな、って思えるような、
誰かを想い、誰かのために頑張り、
時には嬉しくて涙をながすような、
そんな仕事がしたいんです。

 

ウエディングプランナーの仕事が天職だと思ったのは、
まさにそれを体感できていたから。

そして、「ゆかさんにお願いしたい」って
【私】を選んでもらっていたから。

私は、「会社のために働く」のではなく、
「目の前のお客様のために働く」ことに
喜びを感じる人間。

「規則だから」「ルールだから」

そんな理由で、お客様が悲しむ姿が
会社員時代、どうしても許せなかった。

でも、<会社>という組織を運営する以上、
規則やルールが必要なことも理解できる。
だからこそ、自分で仕事をしたいという
想いが昔からあったのかもしれない。

 

自分の想いを形にできる。
それが、「起業」という道。

会社員と比べて、
決してラクでもないし、保証があるわけでもない。

だけど、自分らしく、自分が大事なものを
大事にしながら、誰かのために働ける。

 

これが、私にとってしあわせな働き方なんだ。

 

心の奥底にもやもやと隠れていた気持ち、
ちゃんと見つけられて良かった。

5年後、10年後、
笑っていられるように。

今を精一杯、がんばろう。

 

 

 

 

 

 

Related Entry

「正しいことをしたけりゃ、偉くなれ。」

一年の計は元旦にあり!2017年、私の抱負。

「子供か仕事か」なんて選択、しなくていい世界を作りたい。

NO IMAGE

家族も仕事も大事にしたいって、わがままなのかな?

母になっても、なにも諦めない生き方をしたい。だから、起業を選...

NO IMAGE

えいや!ってやってみればいいんじゃない?