自分が母になって気付く、母の偉大さ。

ライフステージの変化に左右されない働き方!
Myスタイルキャリアコーチのななゆかです。
今私は、久しぶりに実家に帰って、「娘」として
のーんびり過ごしてしあわせな時間を過ごしています。

実家と言っても、両親は離婚して、
母は家を出ざるを得なかったので、
今帰る家は、離婚後母が買った新しいマンション。
・・・私ね、自分の家族が大好きで、
だから、家族が過ごした「家」
だーーいすきだったんです。

だから、両親が離婚する時、
あの家に「家族」が戻ることがないんだ、
ってことが、すごく辛かった。


前住んでいた家は、父の持ち物になって。
母は離婚後、ものすごーーく狭くて古いアパートで
一人暮らしをはじめました。

私は、母のことが大好きだけど、
子供の頃から父に逆らえない母が情けなかったし、

「お母さんみたいになりたくない」

って気持ちが、どこか心の底にずっとあった。

離婚後引っ越したアパートでも、
(私はもう、大阪に住んでいたけど)
「私はこんな生活したくない」
って、心の何処かで思ってた。

でも、最近、
私のそんな考えは思い上がりだったって、
ようやく気づきました。

『経済力がない』って思ってた母だけど、
離婚後自分でビジネスを始めて、10年が経ちました。

誰もが絶対続かないだろうって思ってたけど、
大変なことも辛いこともたくさんあったはずだけど、
いつも笑顔で乗り越えて、今日も笑って生きています。

あの頃、
母は離婚できなかったんじゃなくて、しなかった。
それは、母にとっても大切な「家族」を守りたかったから。

もっと言えば、自分よりも大事な、
「子供たち」を守りたかったから。

自分が母という立場になって改めて、
母の強さと優しさに、敵わないな、って思います。

今は母であり、ビジネスの先輩として、
いろいろ話ができて、また新しい関係ができました。

(私がこれまでめちゃくちゃ自己投資ができたのも、
母からの「自分に投資した分だけ、
必ず返ってくるから。」
って一言が大きかったと思う。)

これまで心配ばかりかけてる母に、
これからはもっともっと親孝行をしていきたいな。

三世代で旅行に行ったり。
もっと頻繁に帰ってきて、孫の顔を見せたり。

母がそうしてくれたように、
私も家族を守れる女性になりたいな。

なんだか、ちょっぴりセンチメンタルな(笑)
ななゆかでした。

Related Entry

NO IMAGE

その恐怖は、分かるだなんて到底言えないけど

リッツ・カールトン京都で感じる、プロのマインド。

NO IMAGE

今日はセルフメンテナンス♡

おうちでまったり過ごすゴールデンウィーク♡

いつもがんばってるママ。セルフメンテ、してますか?

3rd Wedding Party Anniversary♡