「こんな趣味なんの強みにもならない」と思ってませんか?

ライフステージの変化に左右されない働き方!
Myスタイルキャリアコーチのななゆかです。

さて、起業をしたいと思うと、
まず自分のことを深く見つめて、
自分に何ができるのか考えますよね。

そんな時、
意外と自分自身に何もなくって、

「・・・私何もできない・・・(汗)」

ってなったりしませんか?

「スキを仕事にって言うけど、
そもそもスキなことが
わからない・・・!!」

 

・・・って泣いてたのは、何を隠そう私です。

でね、今振り返って思うのは、私自分で勝手に、
「こんな趣味なんの強みにもならない」
って思って、

自分の強みとしてカウントしようとすら
してなかったな、ってことがあって。

 

例えば、私の趣味は少女漫画を読むこと
(もう、きゅんきゅんしちゃう♡)

こんなのさ、転職活動で履歴書に書いたところで、

「は?」

ってなるじゃないですか。

 

 

でもね、起業って自分自身を活かせるから、
こんな趣味でも『強み』になったり
するんですよね、面白いことに。

私にとって「少女漫画を読む」ことで、
色んな言葉や表現、情景、感情を
自分のものにできたし、

なにより、

想像力と感情が豊かになった
と思う。

 

 

私が人の気持ちに寄り添ったり、
共感したり、理解したりできるのは、
少なからず少女漫画を読んで、
人の気持ちを想像する訓練を
(勝手に)してたからかな、と。

 

もしあなたが、「強みがわからない」
とか、「スキなことがわからない」
って思っていたら、

自分の思い込みで、

外している趣味や好きなことは
ありませんか?

 

 

その物事にフォーカスするのではなく、

そこから何を感じたのか、

学んだのか、得たのか、
なぜスキなのか・・・
 
を考えてみると、違った側面が見えてくるかもしれません。

ななゆかでした♡

Related Entry

起業しようと思ったあなたの熱い思いは何ですか?

結果を早く出す、シンプルな秘訣。苦手なことを手放すこと。

私のスキルはこれだ♡自分のスキルを再発見する方法。

断言します。「上手くできたことが何もない」は、思い込みです。

起業と結婚式に共通している、プロのチカラ。

「スキでゼロから起業」って、どういうこと?